ペット保険の加入

犬には公的な医療保険がありません。

動物病院で治療や手術をしてもらった場合、通常は飼い主が診療費の全額を自己負担することになりますが、ペット保険に加入していれば、診療費の負担を軽減することができます。

子犬のころは免疫力が弱く、感染症などが起こりやすいため、いざという時の備えとして、ペット保険に加入しておくと、とても安心ができると思います。

なお、ペット保険は任意で加入していただくものであるため、当犬舎ではペット保険の加入を積極的に促すことしていません。
もし、ペット保険の加入をご検討されている場合は、以下のページを参考にしてください。
ペット保険の基本と選ぶポイント、注意点などを紹介をしています。

犬のペット保険の選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Beagle House